良質な睡眠をとるために重要なこと

日本人の平均睡眠時間は、成人で約7時間くらいだそうですね。

それでも、現代人は日中に眠くなったり、翌日になっても疲れが取れないという人が多いので、
もしかしたら、きちんとした良い睡眠が取れていない可能性があるそうです。

睡眠は「何時間眠ったのか?」だけでなく、
「どれくらいグッスリ眠れたのか?」ということが大切になってきます。

良質な睡眠を取ると、寝ている間にホルモンが分泌されて身体の新陳代謝が良くなって、
美肌になったり、健康になったりすると言われています。

このような良質な睡眠を取るためには、寝室の環境が大切になります。

暑すぎたり、寒すぎる部屋では心地よく眠ることができないですよね。
部屋の明かりもできるだけ暗くしておきます。

もし、どうしても明かりをつけないと眠れない人は、
光が顔に当たらないような角度で、足元が明るくなるような感じで寝ましょう。

また、できるだけ「頭寒足熱」を意識すると良いみたいです。
頭寒足熱とは、頭を涼しくして足元を温かくするという考え方で、
リラックスして、良い睡眠を取るためには良いそうです。

それから、就寝の3時間前までに夕食を済ませておくことが大切です。
帰宅時間が遅い人も、最低でも2時間前には食べておきましょう。

食事をしてからすぐに寝ると、寝ている間に胃や腸が動くので、
熟睡することが難しくなってしまいます。

それと寝る前に、パソコンやテレビなどの画面を見るのも、
目と頭が興奮状態になるために、眠りが浅くなってしまうと言われています。

良質な睡眠を取るために大切なことは、他にもありますが、
自分にできることから行い、今よりも良い睡眠が取れるように頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>